読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「成功する」塾選び 10の観点

学習塾の経営コンサルタントが教える、正しい塾選び

8.塾は利用する場所

いくら指導力のある塾だったとしても、与えられるばかりになって、利用しないと思ったような成績は得られません。なぜなら、塾は最後には逃げ口上を垂れることができるからです。成績が上がらないのはお宅のお子さんが勉強しなかったからです、と。いやいや…

7.塾の指導力を見極める

塾の先生と話しました。しかし、その先生がすべての授業をしてくれるわけではありません。むしろ一人の先生が全教科授業をしていますという個人塾は無理な運営をしています。先生だって得意不得意はあります。先に予習しておけば与えるだけの授業はできます…

6.絶対に聞くべき質問①

面談で散々その塾の宣伝を聞いたら、今度はこちらから質問をして、その塾のことやその先生のことを知りましょう。 ・この塾の売りは何ですか? ・この塾を卒業するときにうちの子はどうなっていますか? 聞き方は変わるとは思いますが、一例としてはこの2つ…

5.面談で聞いてほしいこと

面談に行って、聞かされることはその塾の宣伝です。どの塾も、自分ができる最良のものを商品として売っているので、宣伝はすべていいように聞こえます。だから、こちらから聞いていかなければ本当のところ、塾による違いというのは見えてきません。私も経験…

4.体験授業に行ってみよう

次はいよいよ体験授業に行ってみましょう。この体験授業の形式も塾によって違います。体験授業の前に面談に行く、体験授業と同時に面談を実施する、体験授業の後に面談をする、体験授業の後に電話連絡が来る、体験授業しかしない。体験授業も1週間、3回、1回…

3.問い合わせをしてみよう

集団塾がいいか、個別指導がいいか、大手がいいか、地域の塾がいいか、いくら検討ばかりしても、直接その塾を見ないことには始まりません。見当をつけた塾の情報収集をしましょう。 情報収集の手段は①ホームページ、②電話問い合わせ(資料請求)、③直接行っ…

2.大手がいいか地域の小さな塾がいいか

あなたの住んでいる地域にもよく見る塾はありますね。今、大手の塾が創立40年なんかを迎えていますので、もしかしたら自分自身が通っていたというお父さんお母さんもいるかもしれませんね。それに対して、一定の地域に根差して、小さいながらもがんばってい…

1.集団塾がいいか個別指導がいいか

学習塾の形態として、大きく集団塾と個別指導に分かれます。さらに個別指導は先生一人に生徒何人、映像授業を使用しているなど細分化します。まずはそれぞれの長所、短所を紹介しましょう。 集団塾とは、学校と同じような教室のデザインで、スクール形式に机…

スタートに際しまして

数々の学習塾で、20年以上、講師やマネージャーとして経験を積んできました。現在は学習塾の経営コンサルタントとして、日本の教育を変えていくための活動をしております。日本全国いろいろな学習塾を見てきましたが、時代によっても変わりますし、ブラック…